妊活コラム

20代と30代の妊娠力ってどのくらい違いがあるのか?

投稿日:

妊活をしていて、ちょっと調べたことがある方が耳にしたことがある、30代になると妊娠力が低下してしまうということ。20代と30代の妊娠力についてどう違うのかまとめてみましたので、チェックしてみてくださいね。

20代と30代って妊娠力って違うの?

uedhing

h32 30代前半は差ほど20代と妊娠力は変わらない

20代と30代の妊娠力ですが、30代前半は差ほど20代と妊娠力はそこまで変わりはないと言われております。20代といえば、ホルモンのバランス、ホルモンの分泌量は一番ピークでありますので、妊娠、出産に一番ベストな年代です。卵子の大きさや数も20代が一番ベストです。

30代ですが、30代前半はそこまで20代と変わりはありません。変化が急に表れてくるのは、30代後半を迎えた時です。30代後半になると、急激にホルモンに変化が表れてくるのです。ホルモンのバランスが乱れやすくなったり、分泌量もダウンします。

卵子や卵巣機能も低下し始めるのが、30代後半ですので、30代後半は20代と比べると妊娠力はダウンします。

妊活するなら30代前半までがベスト

30代後半になってくると、妊娠力が低下し始めてきますので、妊娠しにくい体になってきます。ですので、妊活をするのは、30代前半までがベストです。30代の妊娠にもメリットがあります。例えば、経済的にも安定している年齢ですし、精神的にも余裕がある年齢です。

20代と比べると、精神的にも経済的にも安定しているので、心に余裕があります。30代の妊娠が遅いと思っている方でも、こういったメリットがありますので、頭に入れておいてくださいね。

30代後半でも妊娠はするのですが、デメリットがあります。まず、妊娠力の低下です。妊活をしていても、中々うまく授かれないことが多かったりします。そして、流産などのリスクも年齢を重ねると上がってくると言われております。

また、最近増えているといわれているのが、子宮頸がん。30代の子宮頸がんがかなり増えているので、こういった体のトラブルなどのデメリットもあります。年齢を重ねるとメリットもありますが、デメリットも以外と大きいので、妊娠を考えている方は、早めに妊活に励んでいってくださいね。

-妊活コラム
-

Copyright© 妊活グッズラボ〜妊活グッズ人気ランキングベスト3〜 , 2017 All Rights Reserved.